046-836-4112
当日インターネット受付

※直接ご来院いただいても診察いたします。

花粉症による皮膚炎の治療は、花粉症シーズン前の早めの治療が大切です。

当院では、内服薬、点鼻薬、点眼薬などでの治療をおこなっております。
毎年、花粉症の症状にお悩みの方、皮膚のかゆみや湿疹などの症状がございましたら、お気軽にご相談ください。

花粉症について

日本人の5人に1人が花粉症

日本における花粉症患者の数は増加の一途をたどっており、今や5人に1人が花粉症と言われます。まさに“国民病”の観さえ呈しています。
原因は食生活や住環境の変化により、アレルギー体質の人が増加していることや、大気汚染(ディーゼルエンジンの排気ガス)など、様々な要因が考えられています。
しかし、基本的には戦後植林したスギ林の樹齢が30年を超えて花粉の量が著しく多くなっていることが大きな原因とみられています。

花粉が原因のアレルギー性鼻炎

花粉症とは、アレルギー性鼻炎の一種で、特に植物の花粉が原因となって、目の痒み・異物感・充血、涙、立て続けのくしゃみ、鼻水、鼻づまり、などの症状を引き起こします。
スギやヒノキの花粉がよく知られていますが、これら以外にもアレルギーを引き起こす植物には、カモガヤ、イネ、ブタクサ、ヨモギほか、たくさんの種類があります。

花粉症の治療法

花粉症では、主に以下のような治療が行われます。

内服薬

鼻の症状には、抗アレルギー薬の内服薬も効果的で、症状が出る前に使うと、予防効果もあります。

抗アレルギー点眼薬

アレルギー反応は、その原因である様々な抗原が、マスト細胞という細胞からヒスタミンなどを放出することで起こります。
抗アレルギー剤は、このマスト細胞が物質を出さないように抑制する薬です。
そのため、アレルギー症状が始まる前から使うと、さらに効果的です。

抗ヒスタミン点眼薬

出てしまった痒みの原因物質(ヒスタミン)を抑制し、症状を緩和するための薬です。
シーズンに突入し、抗アレルギー点眼薬では十分に症状を抑えられないような場合は、抗ヒスタミン点眼薬を適宜使用していきます。

セルフケア

花粉が多く飛散している日には外出を避ける、ゴーグルやマスクで防ぐといった対処も効果的です。
また、シーズン中は酒量を控えるなどの体調管理にも気を配ることが大切です。

初期療法について

花粉が飛び始める時期は、毎年だいたい一定しているので、その季節に先がけて、症状が出る前に抗アレルギー薬の飲み薬を服用したり、点眼薬や点鼻薬を使用したりすることで症状がコントロールしやすくなり、強い薬を使わずに済むことがあります。これを「花粉症の初期療法」と言います。

北久里浜皮フ科クリニックに関するお役立ち情報

横須賀市でアトピーややけどの相談を皮膚科でするなら北久里浜皮フ科クリニックへ

院名 北久里浜皮フ科クリニック
院長名 岡本 武
住所 〒239-0807 神奈川県横須賀市根岸町2丁目22−8−3階
電話番号 046-836-4112
URL https://kitakurihama-skin.clinic/
診療時間 AM9:00~12:00、PM15:00~18:00 ※手術/予約のみ:水曜外来は受け付けておりません。
診療科目 皮膚科・アレルギー科・病理診断科
最寄駅 京急久里浜線「北久里浜」駅より徒歩1分
駐車場 提携駐車場有
診療科目
皮膚科・アレルギー科・病理診断科
院長名
岡本 武
住所
神奈川県横須賀市根岸町2-22-8-3階
アクセス
京急久里浜線「北久里浜」駅より徒歩1分
駐車場
提携駐車場有
パーキング名称:北久里浜ヤマダパーキンング(ゲート式駐車場・平置き)
電話番号
046-836-4112
当日インターネット受付

※直接ご来院いただいても診察いたします。

診療時間 日祝
9:00~12:00
15:00~18:00

…手術/予約のみ:水曜外来は受け付けておりません

Page
Top